SSブログ

『経済活動』は霊峰を隠す [自然]

昨日の朝は雪が積もっていた為、走りませんでした。




さて、1月3日のジョグのことです。



橋の上から、富士山が見えました。

5合目あたりから頂上まで、雪化粧の霊峰がハッキリと見えました。

美しい山容が朝日を浴びて、白く光っていました。

思わず足を止めて、手を合わせ拝んでしまいました。


そこから富士山までは、(地図アプリで計測すると)131キロ離れています。




その橋からは、富士山の方角が開けているのに、普段は全く見えません。


お正月に見えた理由は分かっています。

富士が積雪で白かったからと、正月で空気が澄んでいたからです。


ウチと富士の間には、大都市:東京や無数の企業、工場があり、やたら車が走っています。



それらの『経済活動』が激減する正月は、空気が澄むのでしょう。



伝えられる『イザナギノミコトとアマテラスオオノカミ』の神話、

イザナギの野蛮な振る舞いに怒った太陽神:アマテラスが『天の岩戸』に隠れ、

世の中が暗くなったとかいうあの話。


何故か、連想してしまいました。





”霊峰富士” は、私には特別な山です。


若い頃、厳冬期の富士登山では何度か死が見えました・・・

いま実際生きているので、救われたのでしょうが・・・

「あと一歩進むと、命を失うかもしれない」、という ”恐怖心” の連続。


私のような未熟な単独登山者には、冬富士は容赦ないです。




毎年2.3度、数年通いました。


真冬の山頂近くは、『(ここは)人間の来る場所ではない、神の領域だ!』と教えてくれます。


『偉大な美しさと強烈な怖さ』の感動を味わいました。


測候所が見えて、3,776mまであと少しと言うところで、撤退したこともありました。


その時は下山中、冬富士ならではの色々あって、両足の指が凍傷になりました。


無理して登頂していたら、恥を忍んで測候所に駆け込まない限り、今の私はなかったでしょう。



ですから130キロ離れていようと、今でも冬富士を目にすると緊張して、背筋が自然に伸びます。




毎年、冬富士では何人か命を落としています。


その多くが、下山時の滑落死です。


『ブル(ドーザー)が空を飛ぶ』 と云われる風で吹き飛ばされる事故もあります。


頂上近くなると、『雪』というよりカチンコチンの『青氷』です。


滑ったり飛ばされたりすれば、アイゼンもピッケルあまり役に立ちません。


「あっ!」という間に、何百メートルも急斜面を落っこち・・・・・・・・・です。



すみません、余談(=年寄りのむかし話)でした。







nice!(11)  コメント(4) 

nice! 11

コメント 4

arashi

こわ!
気をつけてくださいね。富士山は車で5合目までしか行ったことないです。登る山とは思っていません。見る山だと。
by arashi (2022-01-08 16:10) 

センニン

ご訪問 & nice! ありがとうございました。
また遊びにきます。
by センニン (2022-01-08 18:23) 

yashinoki

arashi様、コメントを戴き有り難うございます。
ご心配なく。
ワタシ今じゃジジィですから、冬富士どころか筑波山の女坂で、息が上がります。
by yashinoki (2022-01-09 12:05) 

yashinoki

センニン様、コメントを戴き、こちらこそ有り難うございます。
by yashinoki (2022-01-09 12:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント